Kの反省日記

30代マーケティングを専門とする社会人Kの反省と自己研鑽日記。

暗中模索

今日は、思っている心の内を思うがままに書きます。
ゆえに内容の文体も支離滅裂になることをお許しください…。
____


僕は人としてまだまだ未熟だなぁと思っています。
感情に左右されるし、過去は自分の価値観に囚われていました。
完璧な人は存在しない。けど、尊敬出来たり素晴らしい人はたくさんいます。


完璧とは何か?多くの人が見て「正しい」「称賛」「認められる」行動や言動。
――どうすればそう成れるのか。ひとつは『失敗の経験』ですよね。


僕はイジメとまではいかないまでも中学のときにイジられたことがあります。
体も大きくなく、名字もあまり無いものだったからです。


その経験があるため、他者に対する「配慮」や「優しさ」「ありがたさ」の心は
少しはあるものだと思っています。


というかひとつの信条みたいになっていますが、高校生くらいの時から
他者の良い面を一つ見つけよう。と心がけています。




でも……




本当に近しい人には、気が緩んでしまい、わがままを通している気がします。
配慮はもちろんしています、が、時にはマウントを取っていたと思います。


意見をぶつけ合える相手であればいいのですが、相手にも性格があります。
強く言えない人もいます。わがままの程度は、合わせる必要があります。
どちらにしても、感情のコントロールは必要です。その場の感情に任せてモノを言うのは簡単ですが、良くないことです。



自分は出来ていませんでした。




正しいと思ったことを主張するのはもちろん必要です。
ですがすべて相手があってのこと。



「ロジカルに、そして速やかに結論を導く」



大学で学んだことは、果たして全てにおいて通用するのでしょうか。
僕には答えが出ていません。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。