Kの反省日記

30代マーケティングを専門とする社会人Kの反省と自己研鑽日記。

満員電車内での救助活動


昨日は台風一過でしたが、首都圏の交通網は朝も回復せず大変なことになっていました。


僕の乗る電車も他社線の振り替えなどで遅れに遅れ、
9時時点でも車内はすし詰め状態。駅間で頻繁に止まる状況でした。


まず乗った時に思ったこと。


僕:(あーこれやばいな。蒸し暑いし貧血で倒れる可能性あるなー)


僕は働きづめの状態で満員電車に乗った時に一度倒れた経験があり、
その時の電車内の空気感や体調の変化に似たものを感じていました。
空調もほとんど効いていません。


乗った瞬間にやばいと感じた僕は、
まずはこの暑さを和らげるように長袖カーディガンの裾をめいっぱいめくりました。
続いてぼーっと立っていると倒れる可能性があるので、スマホニュースを狭い車内で見て
そちらに集中していました。


___


しばらくして、すぐ後ろの女性の膝がガクガクして倒れました。
周りの人と協力しながらその人を支え、落ちたスマホなどを拾いました。
近くの女性が電車内の座席を一つ空けてくれて誘導してくれました。


電車が次の駅に着いたとき、降り際にもう一人の女性が倒れました。
その場はお願いしつつ、駅員さんを呼びに走り、なんとか事なきを得ました。


____


・満員電車
・暑さ
・月曜日
・遅延/駅間停止



この4つが重なると高確率で倒れる方が出ますね。
自分も経験があったため、ちいさいことですが事前に対処していたので大丈夫だったと思います。
また救助も周りの人と協力してスムーズにできました。
自分が倒れた時は他の人に助けていただいたので、今後も同じような場面に出くわした時は救助サポートできるようにしていきたいです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。