Kの反省日記

30代マーケティングを専門とする社会人Kの反省と自己研鑽日記。

もののけ姫①-玉の小刀-


先週の金曜ロードショーの「もののけ姫」。よかったです。
仕事から帰ってきて、アシタカが起きた直後の歌の部分から見始めたのですが…
やっぱりいいですね。


もののけ姫って奥が深いんですよね。
表面上のセリフや進行からは読み取れない部分が多いです。


村を厄災から守ったのに村を追い出され、
許嫁のカヤと永遠の別れとなる冒頭のシーン。


その後の旅立ちのシーンは久石さんの音楽も相まって壮大ですが、
アシタカの胸のうちは悲しみと苦しみと恐怖と怒りで満ち溢れているようです。
※どこかの解説で見ました


別れ方は違えど、色々な感情が渦巻く状況はちょっと自分と重ねてしまう…。


でもアシタカはカヤと別れる時、にこっと笑うんですよね。
心配かけないようにしているんだと思いますが、強い…強すぎる。
自分も強くありたいものです。


____


その後、小刀をサンに渡すシーンに賛否両論(むしろ否の方)がありますが、


カヤ「お守りするよう息を吹きこめました」
  「いつもいつもカヤは兄さまを思っています」


僕はお守りの意味合いが強いからサンにあげた、と都合よく?解釈しています笑
後は当時の時代背景(死生観や家制度)なども考慮したいですね。
※ジブリ全く知らない人すみません…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。